赤ちゃんの肌を守る

赤ちゃんの肌を守るのも大切ですが、赤ちゃんに触れる自分の肌ケアも同じくらい考えてみましょう。
産後はホルモンバランスの大きな変化があり、肌にもトラブルが起きます。個人差はありますが、ある程度は自然な反応と言えるでしょう。
また、美肌ホルモンとも言われるエストロゲンが急に減るため、肌が荒れやすく、極端に乾燥しやすくなります。
外部からの刺激に過剰に反応して赤みや痒みを感じやすくなります。
低刺激で無添加のスキンケアアイテムを選び、たっぷりと肌を保湿するのがお薦めです。
ママ専用のコスメホームページなどで情報収拾するのも良いでしょう。
それまでは気にならなかったのに、加齢が進むにつれて、肌のシミが気になりはじめるものです。治したいシミ対策には、漢方を試してみませんか?漢方により直接シミを消すというよりは漢方で代謝アップすることで、シミとなる成分が残らなくなったり、その手助けによりシミが改善するのです。飲むと体調が整ってくるので、漢方はシミ対策と同時に、体調にも効果が期待できるのです。
普段肌トラブルがない人でも引っ掻いたり強くこするなど、刺激の与えすぎには注意しましょう。刺激が多いと肌が薄くなります。
刺激で肌が強化されるかというと、まったく逆なんですね。
表皮は一定期間で外側の層が剥がれ落ちて再生しますが、刺激の回数や量が多くなると肌の再生サイクルが弱まり、やがて表皮の下にある真皮にも負荷がかかり、耐えられなくなってきます。
すなわち、お肌のリフティング性能が落ちるので皺の持とになる緩みが生じて一気に顔の年齢が進んだように感じるのです。
シミのできてしまったお肌って、本当に嫌なものですね。
毎日のスキンケアとして、プラセンタ美容液を使っています。
洗顔後のきれいなお肌にしっかりと染み込ませてから、潤ってから化粧水、乳液などをつけます。
プラセンタ美容液にお世話になりはじめてからと言うもの、お肌がぐっと透きとおるような質感になり、頑固なシミも徐々に消えてきました。
R30って20代前半と比べると若くないし、多忙だしで、なんだか損ですよね。
あるとき鏡を見て落ち込んでしまいました。
肩凝りもひどかったので血行が悪かったのでしょう。
すごいクマでこれが自分の顔かなって。
。。
でも、おかげで、気づくことができたんです。
年齢はしかたないけど、顔を作るのは自分なんじゃないかなって。疲れていてもいままで省いていたのは心と肌のハリを取り戻すための時間。きちんとメンテしてあげて、後々に繋がる美容を大切にしようとおもったんです。
肌の表面のなめらかさは、表面にある溝(皮溝)と盛り上がった部分(皮丘)の配置で決まります。
太陽光にあたる部分と、当たらない部分の肌を比べてみましょう。全然年齢が違って見えるのではないでしょうか。
きれいな肌というのは皮膚の模様や溝が小さく浅いうえ均一になっています。乾燥や紫外線などのストレスを多くうけた皮膚は模様が遠目にわかるほど大きかったり、不規則に伸びているはずです。こういう皮膚は保水性が悪いのです。表皮バリアが弱まってくると肌の基底部以深も結構傷んできます。水分が失われると表皮が薄くなり、フェイスラインがくずれ、しわになるのです。
そうなる前のケアが大切でしょう。
お肌についてシミで悩まされている方は多いです。
シミの主な原因として言われているのが、日焼けなどの刺激が加わってお肌が赤みを帯び、それが変色して、色素沈着が起こってしまうからなのです。
ショックなことにニキビができた跡の赤みもシミの原因の一つです。
油断せずにUV対策したり、普段よりスキンケアに力を入れると、シミが増えていかない肌を作るのに効果的です。
また、体の中からのシミ対策として、ご飯とかサプリでビタミンCを積極的に摂取することもシミ対策として効果的です。
肌の老化によってできてしまったシミやそばかすを出来るだけ薄くしたいと思い、特にビタミンC誘導体が配合された美容液を使っています。
顔を洗ったあとで、清潔な指先に美容液をとり、シミとかそばかすが気になる部分に、トントンとパッティングするようにつけます。
一ヶ月ほど続けたところシミとかそばかすが目立ちにくくなったと思えたので、すごく喜んでいます。

Categories: 徒然備忘録